ホーリーホックリポート
2022年12月23日(金)
アツマーレから選手たちの公開自主練習をレポート
アツマーレから選手たちの公開自主練習をレポート選手
2022シーズンのJ2リーグが終了してから早1ヶ月。
水戸ホーリーホックは12月10日から20日までの7日間、2023シーズンに挑む新チームの自主練習を一般公開しました。悲願のJ1昇格に向け始動した選手達の様子をアツマーレからお届けします!
アツマーレから選手たちの公開自主練習をレポート選手

どこよりも早く新チームが集結!
2023シーズンに挑む選手が自主練習を公開


今季はカタールW杯の影響でオフ期間が例年よりも1ヶ月程度長くなっています。そこで、1月の本格始動までのコンディション調整が難しいことや、来季、濱崎芳己新監督が率いる新しい体制が発足することもあり、自主練習という形で、どのJクラブより先駆けて活動をスタート。 自主練習には、契約更新を発表した既存の選手や新加入選手ら、約20名の選手が連日参加し、コーチ陣によって作成されたメニューで約2時間のトレーニングを実施しました。 試合後の回復を促すリカバリーよりはハードに、普段の練習よりはソフトな強度のメニューが組まれ、コンディションを取り戻す筋トレを中心に、ボールの感触を確かめる長短のパスやボールポゼッション、連携パス、シュート練習などを行うと、選手らは笑顔を見せながら爽やかな汗を流していました。 自主練習の期間中はW杯の真っ只中。水戸ファミリーの一員でもある前田大然選手をはじめ日本代表や強豪国の白熱したゲームに刺激を受け、サッカーへの意欲がより一層高まっていた選手が大勢いたようで、個別練習ではコーチ陣のストップがかかるまで、ボールを蹴り続ける姿が見られました。

主力級の選手が続々と契約更新!
期待の新加入選手も自主練習に合流


本県出身者の選手では、来季3シーズン目となる行方市出身の柳町魁耀選手や、在席25年目を数える日立市出身の水戸のレジェンド・本間幸司選手が契約更新を発表。その他、各ポジションの主力級の選手が続々と契約を更新し、2023シーズンは過去に例のないほど、主軸となる選手が開幕から在籍することになります。残念ながら昇格プレーオフに届かず、13位で終えた2022シーズン。その悔しさを抱えながら来季に挑むメンバーらは、それぞれ責任と覚悟を持って練習に励んでいる様子でした。

また、新加入の選手では、現所属チームでの大会や世代別日本代表など、各々の活動がある選手は姿を見せませんでしたが、公開日初日から井上怜選手と松田佳大選手の東洋大学コンビが参加。3日目には浦和レッズから育成型期限付き移籍で加入する武田英寿選手、5日目にはサンフレッチェ広島から期限付き移籍中の小原基樹選手、京都サンガFCから完全移籍で加入した長井一真選手も合流しました。 やはり開幕スタートダッシュを切るには、既存の選手と新加入選手がいち早く新旧融合することが必要不可欠。自主練習を通じて、互いにコミュニケーションを取り、ともに食事やプレーする時間を重ねることで、他のチームよりも早く水戸らしい一体感を生み出してくれるでしょう。

2023シーズンの意気込み熱く。
開幕が既に待ち遠しい!


水戸に加入し、来季3シーズン目を迎える安藤瑞季選手。エースストライカーの最有力候補として期待されます。 「自分に負けずに、相手の選手にも負けずに、チームとしても水戸としても、今年積み上げてきたものを来年大きなものに変えていきたい。一番の目標は、水戸をJ1に上げること。J2で一番点を取るくらい爆発して、周りを黙らせるような結果を出します」と言葉に力を込めます。

そして、左サイドの要として活躍したサイドバックの大崎航詩選手も、水戸でプロデビューして3シーズン目となる来季を勝負の年と位置付けます。 「2022シーズンは終盤近くまでプレーオフを狙える場所にいながら、最終的な結果としては半分より下の順位になってしまいました。でも、その悔しさや勝ち切れなかった想いを持っている選手が多く残りました。来季はチーム全体で更に一体感を持って試合に取り組み、このチームでまた違う景色を見たいと思います」と目標を語ってくれました。

センターバックの楠本卓海選手は、2022シーズンを通して最終ラインを統率した守備の司令塔です。 「僕は年齢的にもベテランになりますし、自分が水戸の守備を担う覚悟を持ってここに残りました。個人としてもチームとしても絶対にやらなければいけない。誰と組もうが、どんな試合になろうが、120%を出していかなければならない責任があると思っています。それをプレーで示したい」と、その静かな口調のなかに強い覚悟を覗かせます。

濱崎新監督が率いる新チームは、年明け1月7日から本格的に始動。その後に迎える2023シーズン、選手たちはどんな戦いぶりを私たちに見せてくれるでしょうか。主力選手の多くがチームに留まり、新たな戦力を加えて挑む姿を想像すると、今からもうワクワクが止まりません。 来季もスタジアムで熱い応援を続け、水戸ホーリーホックとともに『まだ見たことのない景色』を見に行きましょう!


バックナンバー

Vol.121 牛澤健選手 インタビュー

Vol.120 長尾優斗選手 インタビュー

Vol.119 水戸ホーリーホック シーズン序盤戦レポート

Vol.118 2024Jリーグ開幕直前!
水戸ホーリーホック密着レポート

Vol.117 開幕直前!沖縄キャンプレポート2024

Vol.116 「2024シーズン新体制発表イベント」レポート

Vol.115 2023シーズンオフ チーム活動レポート

Vol.114 2023シーズン最終節観戦レポート

Vol.113 2023シーズン最終節直前レポート

Vol.112 長井一真選手 インタビュー

Vol.111 草野侑己選手 インタビュー

Vol.110 松田佳大選手 インタビュー

Vol.109 JX金属サンクスマッチ
今年も日立で開催!

Vol.108 春名竜聖選手 インタビュー

Vol.107 寺沼星文選手 インタビュー

Vol.106 前田椋介選手 インタビュー

Vol.105 田辺陽太選手 インタビュー

Vol.104 井上怜選手 インタビュー

Vol.103 いばらきサッカーフェスティバル2023 マッチレポート

Vol.102  開幕直前!2023沖縄キャンプレポート

Vol.101 「2023新体制発表会」イベントレポート

Vol.100 2023シーズン新監督・新加入選手記者会見

Vol.99 アツマーレから選手たちの公開自主練習をレポート

Vol.98 キャプテン新里涼選手と振り返る2022シーズン

Vol.97 楠本卓海選手 インタビュー

Vol.96 県北6市町 ホームタウン追加決定記者会見

Vol.95 梅田魁人選手 インタビュー

Vol.94 後藤田亘輝選手 インタビュー

Vol.93 髙岸憲伸選手 インタビュー

Vol.92 山田奈央選手 インタビュー

Vol.91 杉浦文哉選手 インタビュー

Vol.90 松田隼風選手 インタビュー

Vol.89 茂木秀選手 インタビュー

Vol.88 いばらきサッカーフェスティバル2022 鹿島アントラーズ戦レポート!

Vol.87 アツマーレ入学式&新加入選手紹介!

Vol.86 秋葉忠宏監督 インタビュー

Vol.85 黒石貴哉選手 インタビュー

Vol.84 中里崇宏選手 インタビュー

Vol.83 藤尾翔太選手 インタビュー

Vol.82 中山開帆選手 インタビュー

Vol.81 大崎航詩選手 インタビュー

Vol.80 新里涼選手 インタビュー

Vol.79 安藤瑞季選手 インタビュー

Vol.78 タビナス・ジェファーソン選手 インタビュー

Vol.77 2021シーズン、革新!!

Vol.76 平田海斗選手 インタビュー

ログイン

ゲストさん おはようございます
ログイン 新規会員登録
※消費税総額表示の義務化に伴い、当サイト内に記載している価格も総額(税込)表示をおこなうように随時切替え・更新をしております。そのため、切替え期間中は「税抜価格」表記と「税込価格」表記が混在する可能性がございます。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

ご掲載中の店舗様へ

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

掲載ご希望の店舗様へ

かえっぺのLINEスタンプ