虐待!

いばナビは児童虐待防止に取り組みます。

東京都目黒区、千葉県野田市での凄惨な事件も記憶に新しい児童虐待。全国の児童相談所が2018年度に児童虐待の相談・通告を受けて対応した件数は15万9850件(速報値)となり過去最多を更新しました。 その現状を受け、虐待に傷つく子どもたちを一人でも多く救うべく、もう2度と凄惨な事件が起こらないことを願い、地域の皆さん、企業、メディアが一体となり「いばらき児童虐待防止」運動に取り組みます。

コンセプトメッセージ 児童虐待を無くす方法を、一緒に考えよう~他人事にせず地域で見守る児童虐待防止運動へ~

後援・協力

茨城県 / 茨城県警察 / 水戸市 / 日立市 / 土浦市 / 古河市 / 結城市 / 下妻市 / 常陸太田市 / 高萩市 / 牛久市 / つくば市 / ひたちなか市 / 鹿嶋市 / 潮来市 / 筑西市 / 神栖市 / 東海村 / 境町 / 認定NPO法人 いばらき子どもの虐待防止ネットワークあい / 認定NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク

協賛

茨城県における統計データ

県内の虐待相談対応件数の推移 グラフ1

茨城県において、県内5ヶ所の児童相談所に寄せられた虐待相談件数は平成28年度で2038件と、平成18年と比較して10年間で約3倍に増えました(グラフ1)。

主な虐待者 グラフ2 虐待相談の経路 グラフ3

虐待相談の経路は「警察・家裁」が36.9%、次いで「近隣・知人」が13.5%、「家族・親戚」が9.3%(グラフ3)。普段から、子ども達に身近な「地域」の人たちの見守りが必要です。

出典「県の児童相談所における児童虐待相談対応件数等(平成29年12月1日)」(茨城県HPより)

一人ひとりが「見守り隊」に

子どもに対する虐待行為をさせないために保護者の子育て環境の見直しや支援が必要であるとともに、現に起きてしまっている虐待については、早期発見と早期対応が望まれます。
児童虐待は、私たちの身近なところでも起こっている可能性があります。県民の一人ひとりが地域の子育て家庭を温かく支える「見守り隊」に、どうかなってください。子ども達の未来の希望を、地域の皆で守りましょう。

虐待かなと思ったら 児童相談所虐待対応ダイヤル189番へ 子育てに悩んだら 児童相談所相談専用ダイヤル0570-783-189

主催

株式会社日宣メディックス(いばナビ / Couta / ひたっち / にしも / こがも / かしす)

株式会社日宣メディックス

ログイン

ゲストさん おはようございます
ログイン 新規会員登録
※消費税率変更に伴い、表示価格とお会計時の価格が異なる場合があります。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

かえっぺのLINEスタンプ

掲載ご希望の店舗様へ