ホーリーホックリポート
2023年06月27日(火)
寺沼星文選手 インタビュー
寺沼星文選手 インタビュー選手
【プロフィール】
寺沼 星文(てらぬま しもん)
水戸ホーリーホック FW 背番号23
●2001年3月8日生まれ
出身地 東京都
身長/体重 188cm/88kg
血液型 O
利き足 右
加入歴 2年目
経歴 九曜フットボールクラブジュニア →九曜フットボールクラブジュニアユース →東海大学付属高輪台高 →FCトリプレッタユース ※桐蔭横浜大在籍中(2022シーズンJFA・Jリーグ特別指定選手)
寺沼星文選手 インタビュー選手

念願のインカレ優勝&ベストFWも受賞!
運命の出会いを機に本気でプロを目指した大学時代

188cmの高身長と強靭なフィジカルを武器に、高さを活かしたヘディングやボールを懐に収めてゴールを奪う寺沼星文選手。2023シーズン前半で5得点を挙げ、チームのトップストライカーとして活躍しています。 そんな寺沼選手は東京都板橋区出身。3人兄弟の末っ子として生まれ、幼い頃からお兄さんとボールを蹴り始めたと言います。保育園の頃には地元のクラブでサッカーに明け暮れ、小・中学生時代は『区内では優勝するレベルでしたが、基本的に楽しさを追求する』方針を持つクラブで過ごしました。 中学時代、寺沼選手は地域トレセンには選ばれていたものの、自分自身が全国レベルの選手ではないと感じていました。そのため、いくつかの練習参加の中で、クラブの先輩がいた東海大学付属高輪台高に進学することを決めました。 高校1年の時にはインターハイの切符を手に入れましたが本人の出場は叶わず、その翌年には地域リーグの2部から3部に降格。プロサッカー選手になることを意識していた寺沼選手は、進路の選択肢を広げるため、都内で有名な強豪クラブのFCトリプレッタユースに所属する決断をします。そこで徐々に頭角を現しながら「高体連にはない技術を持った選手が多く、両方を経験できたことは大きかったと思います」と、自身の可能性の広がりを実感していきました。

その後、強豪大学の練習参加を経て、実家から通える桐蔭横浜大学に進学した寺沼選手。1年次からインカレにスタメンで出場し、そこから次々と活躍を続けると、4年次には複数のJクラブからオファーが届きます。その中から、若手の育成に定評のある水戸ホーリーホックへの加入を選び、特別指定選手として学生ながらリーグ戦2試合に出場。大学でも最後のインカレで念願の優勝を果たし、大会ベストFWの栄冠を引っ提げてプロの舞台に挑んでいます。 寺沼選手は「このチームで戦えば日本一を目指せると分かっていたので、そのことだけを考えてプレーしました。結果的に自分たちの代で優勝できたことはとても嬉しかったです。プロになれたことと同じぐらい嬉しかったですね」と振り返ります。 驚くべきことに、寺沼選手と同期の大学生がなんと13人もJリーガーになり、かつての仲間達との対戦を心待ちにしているそうです。


自分の武器を学生時代に見つけよう!
ライバルに差をつけるプラスαの練習を!

まずプロになるためには、自分の武器を見つけることが重要だと寺沼選手は語ります。「それがないとプロになれないし、プロになった後も生きていけない。小中高校の年代の時にそれを見つけることができれば、その先で活躍できると思います」 さらに、チームでの練習だけでなく、自主トレーニングによって他の選手との差をつけることも欠かせない要素。 「練習をきちんとやるのは当たり前。それにプラスαを加えてトレーニングをしないと、同年代やライバルには勝てないし、差をつけることができません。僕自身も、同い年でJ1でプレーしている選手たちを見ると、もっと頑張らなければならないと感じます。自分を奮い立たせない限り、成長は止まってしまう。その部分は非常に重要です」と言葉を続けます。人一倍強いストイックさがプロになる鍵になるのだと感じさせてくれました。

寺沼選手は現在も毎日、チームの全体練習の後に筋トレやアジリティのトレーニングに取り組んでいます。身体の部位を変えながら効果的な強化を行うために、コーチに個別のメニューを考案してもらっているのです。また、他の選手のプレーをよく見ることも欠かさないと言います。


オフタイムは仲間との食事や釣りを楽しむ♪
PR大使としてひたちなかを満喫したい

初めて茨城に住む寺沼選手。プロ1年目のオフの過ごし方は、都内に戻って元チームメイトとの食事を楽しむことが多いそう。また、趣味の釣りでは、大洗付近に出かけてイカやメバルなどをキャッチアンドリリースで楽しんでいるのだとか。 「ガチの釣りというよりは、ちょんちょんと釣っているだけです(笑)。チームメイトの(安藤) 瑞季君や(安永)玲央とかと、今度一緒に行こうと話しています(笑)」

今年、寺沼選手はひたちなか市のPR大使に就任し、水戸ホーリーホックが開催しているサッカースクールを訪れ、子どもたちとふれあいました。ほかにもサポーターがお勧めしてくれた飲食店で食事を楽しんだり、名産品の干しいもを味わったりしながら、少しずつひたちなかの街を楽しんでいるようです。 ちなみに今後訪れたい場所は那珂湊おさかな市場なのだそう。PR大使の相棒でもある梅田魁人選手と一緒に新鮮な魚介を堪能したいと話します。

2023シーズンもいよいよ後半戦に突入。寺沼選手の更なる活躍がチームの命運を握っていると言っても過言ではありません。 「自分が点を獲ってチームを勝利に導く試合をしますので、ぜひケーズデンキスタジアム水戸に足を運んでください。きっと良い試合を見せられると思います。家族みなさんで来てくれたら嬉しいです」と大勢のファンの来場を心待ちにしています。 痛快なゴールで観客を熱狂の渦に巻き込む寺沼選手。そしてチーム一丸となって上位を狙う水戸ホーリーホック。スタジアムでしか感じられない空気をともに。この夏、皆さんも体験してみてください!


バックナンバー

Vol.122 松原修平選手 インタビュー

Vol.121 牛澤健選手 インタビュー

Vol.120 長尾優斗選手 インタビュー

Vol.119 水戸ホーリーホック シーズン序盤戦レポート

Vol.118 2024Jリーグ開幕直前!
水戸ホーリーホック密着レポート

Vol.117 開幕直前!沖縄キャンプレポート2024

Vol.116 「2024シーズン新体制発表イベント」レポート

Vol.115 2023シーズンオフ チーム活動レポート

Vol.114 2023シーズン最終節観戦レポート

Vol.113 2023シーズン最終節直前レポート

Vol.112 長井一真選手 インタビュー

Vol.111 草野侑己選手 インタビュー

Vol.110 松田佳大選手 インタビュー

Vol.109 JX金属サンクスマッチ
今年も日立で開催!

Vol.108 春名竜聖選手 インタビュー

Vol.107 寺沼星文選手 インタビュー

Vol.106 前田椋介選手 インタビュー

Vol.105 田辺陽太選手 インタビュー

Vol.104 井上怜選手 インタビュー

Vol.103 いばらきサッカーフェスティバル2023 マッチレポート

Vol.102  開幕直前!2023沖縄キャンプレポート

Vol.101 「2023新体制発表会」イベントレポート

Vol.100 2023シーズン新監督・新加入選手記者会見

Vol.99 アツマーレから選手たちの公開自主練習をレポート

Vol.98 キャプテン新里涼選手と振り返る2022シーズン

Vol.97 楠本卓海選手 インタビュー

Vol.96 県北6市町 ホームタウン追加決定記者会見

Vol.95 梅田魁人選手 インタビュー

Vol.94 後藤田亘輝選手 インタビュー

Vol.93 髙岸憲伸選手 インタビュー

Vol.92 山田奈央選手 インタビュー

Vol.91 杉浦文哉選手 インタビュー

Vol.90 松田隼風選手 インタビュー

Vol.89 茂木秀選手 インタビュー

Vol.88 いばらきサッカーフェスティバル2022 鹿島アントラーズ戦レポート!

Vol.87 アツマーレ入学式&新加入選手紹介!

Vol.86 秋葉忠宏監督 インタビュー

Vol.85 黒石貴哉選手 インタビュー

Vol.84 中里崇宏選手 インタビュー

Vol.83 藤尾翔太選手 インタビュー

Vol.82 中山開帆選手 インタビュー

Vol.81 大崎航詩選手 インタビュー

Vol.80 新里涼選手 インタビュー

Vol.79 安藤瑞季選手 インタビュー

Vol.78 タビナス・ジェファーソン選手 インタビュー

Vol.77 2021シーズン、革新!!

Vol.76 平田海斗選手 インタビュー

ログイン

ゲストさん おはようございます
ログイン 新規会員登録
※消費税総額表示の義務化に伴い、当サイト内に記載している価格も総額(税込)表示をおこなうように随時切替え・更新をしております。そのため、切替え期間中は「税抜価格」表記と「税込価格」表記が混在する可能性がございます。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

ご掲載中の店舗様へ

掲載ご希望の店舗様へ

掲載ご希望のイベンター様へ

かえっぺのLINEスタンプ