ホーリーホックリポート
2020年12月18日(金)
平田海斗選手 インタビュー
平田海斗選手 インタビュー選手
今季水戸ユースからトップ昇格したMF平田海斗選手。左サイドからの果敢なドリブルでチャンスメイクする期待のルーキーが、プロになった経緯や茨城での暮らしぶりを紹介してくれました!

●平田海斗選手
2001年7月25日生まれ
・好きな映画/ワイルドスピードシリーズ、鬼滅の刃
・好きな芸能人/千鳥
・マイブーム/運転すること
・最近の悩み/コロナの影響で遠出のドライブが出来ない


(画像提供:©MITOHOLLYHOCK)
平田海斗選手 インタビュー選手

平田海斗選手 インタビュー選手

★サッカーを始めたきっかけは?

僕は群馬県藤岡市出身で、幼稚園の年長の頃「サッカーをやりたい」と親に頼んで地元のクラブに入りました。同世代は僕1人だけで、小1から6年生に混じって試合に出ると、負けず嫌いを発揮。チームを勝たせようと一生懸命でした。6年から県トレセンに選ばれ始め、中学時代はコーチに誘われて高崎FCに入団すると、すぐ上の世代の一軍に入り、チームを牽引する存在に。この頃の県トレセンは関東で無敗優勝した強豪で、僕自身、進路を選べる立場でしたが、水戸ユースの樹森大介監督からの熱い誘いに応えました。これまで右肩上がりのサッカー人生。デビュー戦でゴールを決め、「このままプロになれる」「余裕でしょ」と思い上がっていました。しかしスタメンにもなれないもどかしい日々で…。「プロになるまで帰ってくるな」という恩師の言葉、「水戸に行ってプロになる」を有言実行するため、「来年こそは」と割り切り、ひたすら練習に励みました。そしてベトナム遠征で結果を残すなど、少しずつ調子を上げ、Jユースで初の全国出場という歴史も刻むことが出来ました。そしてトップ昇格が決まった時、故郷の関係者らもすごく喜んでくれたのが嬉しかったですね。

★プロサッカー選手となるためのアドバイスをお願いします。

まずはサッカーを楽しくやることが大事です。好きで楽しくやれば、壁が立ちはだかっても乗り越えていける。小さな頃から止める蹴るの基本的な技術を身に付けることをどんどんやった方がいいと思います。

★茨城での暮らしはいかがですか?

ユース時代から4年間暮らしていますが、水戸駅前とか自分の地元に比べたら栄えているなという印象です。免許を取ったので、日立市かみね動物園に出掛けたり、犬が好きなのでつくばわんわんランドまでドライブしました。

★読者へメッセージを!

今年はなかなか試合に出られなかったのですが、来年は切り替えて、試合で活躍したいです。是非スタジアムに足を運んで下さい!

(画像提供:©MITOHOLLYHOCK)

★Information★

「葵龍会」2021年度会員募集!!
選手に「チカラ」を、子どもたちに「夢」を。

◎後援会費が選手強化費用・アカデミー育成支援費に繋がります◎
「地域の誇り」を思う支援の輪が、水戸ホーリーホックをもっと強くします。葵龍会は、チームの強化と選手の飛躍、そして地域経済の活性化を願い、様々な形で継続的にサポートして参ります。

詳しくは水戸ホーリーホック公式サイトをご覧ください。
http://www.mito-hollyhock.net/


バックナンバー

ログイン

ゲストさん こんにちは
ログイン 新規会員登録
※消費税総額表示の義務化に伴い、当サイト内に記載している価格も総額(税込)表示をおこなうように随時切替え・更新をしております。そのため、切替え期間中は「税抜価格」表記と「税込価格」表記が混在する可能性がございます。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

ご掲載中の店舗様へ

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

掲載ご希望の店舗様へ

かえっぺのLINEスタンプ