ホーリーホックリポート
vol.12  鹿島アントラーズ戦レポート★
「2015Jリーグプレシーズンマッチ いばらきサッカーフェスティバル2015
水戸ホーリーホックVS鹿島アントラーズ」レポート&選手コメントをお届け!
鹿島アントラーズ戦レポート★選手

鹿島アントラーズ戦レポート★選手

★リーグPSM いばらきサッカーフェスティバル2015!

2月14日、Jリーグ開幕前恒例の「2015Jリーグプレシーズンマッチ いばらきサッカーフェスティバル2015 水戸ホーリーホックVS鹿島アントラーズ」が茨城県立カシマサッカースタジアムで開催されました。昨年は荒天で中止。2年振り10回目の茨城ダービーに7600人の観客が詰め掛け、熱戦が繰り広げられました!
これまで水戸のプレシーズンマッチの戦績は、8敗1引き分け。今試合2日前まで実施されていた沖縄キャンプの疲労感漂う中、いかにアグレッシブなサッカーが出来るかをテーマに掲げ、強豪・鹿島アントラーズに挑みました。


★決定機を創出!1点返すも・・・

水戸は前半、新加入やルーキー中心の鹿島の素早いプレスに圧倒されます。38分には日本代表の鹿島MF柴崎岳のコーナーキックからオウンゴールにより失点。後半早々の56分も柴崎の浮き球から鹿島MF中村充孝が流し込み、2失点を喫しました。2点を追う水戸は、次々と攻撃陣を投入。76分にはゴール前でフリーとなった新加入のFW宮市剛がシュート。鹿島GK佐藤昭大に阻まれてしまいましたが、決定機を創出。次第に攻勢となった水戸は、87分、DF田中雄大の左からのクロスにFW三島康平が頭で合わせ、見事1点を返しました。しかし直後の88分、今季新加入した八千代町出身、元水戸の鹿島FW高崎寛之が柴崎のコーナーキックからヘッドでダメ押しの3点目を押しこみ、残念ながら水戸は1-3で鹿島から白星を奪えませんでした。
「この結果をポジティブに受け止めて、課題をクリアしていきたい」と柱谷哲二監督。開幕まであと3週間。この試合で得た課題から調整を進め、3月8日のロアッソ熊本戦はきっとスタジアムを歓喜の渦に巻き込んでくれることでしょう!


★コメント/柱谷哲二監督

「コンディション的にはいい状態ではなかったけど、選手たちは最後まであきらめずに戦ってくれました。鹿島さんのJ1のプレスに全然ついていけなかったという印象です。
選手たちには沖縄キャンプ直後で疲労が溜まっている中、どこまでできるかチャレンジして欲しいと伝えました。キレがないのは分かった状態でしたが、鹿島さんのプレッシャーの速さもあり、我々はサッカーをさせてもらえなかったです。
キャンプでは24時間選手を管理、ミーティングを重ねることができた。そしてトレーニングも午前と午後毎日行うことができた。その成果が組織力を高めていて、現段階の目標である70%はクリアできている。この結果をポジティブに受け止めて、課題をクリアしていきたいと思います。
今日は短期間で4試合目のゲーム。本当に最後までよく走ってくれたと思うし、こんな連戦でも走れるんだと改めて知ることができました。これからもっと走れるように、もっとキレが出るようにしたい。ここから自分の考えるチーム作りの第3クールの目標となります」


★選手コメント/細川淳矢選手

「正直、体は重かったですね。コンディションを整えて臨めなかったし、キャンプの一環というゲームだった。追えない所とか、球際の所とか行きたくても行けない所とか何度もあった。それも今の時期は大事なことだと思う。でも本当悔しい。自分にムカつきます。玉際だったり、そういう所で勝負が分かれていくし、負けると押し込まれるのをすごく感じた。アグレッシブに行く時や引き込む時にズレがあったので、みんなで詰めていきたい。間違いなく自分らの力になるので、それを糧にしていきたいです。
まだ開幕メンバーは全然決まっていないし、サブにもいい選手がいっぱいいる。いいポジション争いもできています。流れの中で1点取れたということは良い収穫。本当負けてられないと感じています。
今日は新加入の今瀬(淳也)が入ったDFライン。アイツはルーキーに似合わない顔をしてるんですが、全然やっていけると思う。開幕までもっとチーム全体が走れるようにしていかなくてはならないですし、自分自身ももっとコンディションを上げていかなければいけない。今の内にもっとミスやズレを経験しなければならない。あと3週間で詰めていきたいです」


★選手コメント/三島康平選手

「得点の場面は、(田中)雄大が本当にいいボールをくれましたし、自分もあの形は狙っていました。ああいうボールをもっと自分も呼び込まなければいけない。クロスの形が少なかったので、得点した時のような動きをもっと要求をして、あのような形を作っていきたいと思います。
沖縄キャンプ直後の試合はキツかったですけれども、始まってからはそんなの気にしてられない。今日はどれだけアグレッシブに行けるか、前からどんどんプレスをしていくかというのがポイントだった。もっとプレスを連動して、高い位置から奪いたかったです。後半は負けていて前から行くしかなかったので、高い位置からショートカウンターという形をどんどん作りたかった。球際とか一対一の所で剥がされる場面、こっちが取りきれない場面が多かった。そこは直していかなくてはいけないなと思いました。
みんなでミーティングを重ねているので、チームコンセプトの共通意識があります。あとは出た人の特徴を活かせるようなプレーを増やしていければいい。誰が出ても同じように出来るように、常にみんなで良い準備をしていきたいと思います」


★選手コメント/宮市剛選手

「後半途中出場の際、『逆サイドからのクロスに入っていけ』『サイドに張って裏を取れ』『どんどん引き出していけ』と哲さん(柱谷哲二監督)から指示されました。手応えは30点ぐらいです。
沖縄キャンプ中にJ1サガン鳥栖相手に2得点を決め、気持ちもすごく高まっていて、楽しみな試合でした。1点決めたかった所で決められなかった。そこは哲さんにも『決めろよ!』と言われました。ちょっとした所で決めていかなくてはならないと思いました。今は右サイドをやっているので、サイドバックとの関係であったり、簡単にボールを失わない所を意識して開幕まで調整していきたいと思います」


水戸ホーリーホックオフィシャルサイトへ

バックナンバー

Vol.69 松井謙弥

Vol.68 平塚悠知

Vol.67 岸田翔平

Vol.66 沖縄キャンプ&プレシーズンマッチ!

Vol.65 2020新体制発表会見&必勝祈願!

Vol.64 2019水戸ホーリーホックAWARD★

Vol.63 森勇人

Vol.62 志知孝明

Vol.61 浅野雄也

Vol.60 レレウ

Vol.59 瀧澤修平

Vol.58 茂木駿佑

Vol.57 清水慎太郎

Vol.56 ジョー

Vol.55 平野佑一

Vol.54 2019開幕直前レポート!

Vol.53 2018水戸ホーリーホックAWARD

Vol.52 木村祐志

Vol.51 ジエゴ

Vol.50 FW ジェフェルソン バイアーノ

Vol.49 MF 前寛之

Vol.48 MF 伊藤涼太郎

Vol.47 DF 福井諒司

Vol.46 DF ンドカ ボニフェイス

Vol.45 FW 岸本武流

Vol.44 MF 小島幹敏

Vol.43 2017水戸ホーリーホックAWARD

Vol.42 MF 中川洋介

Vol.41 FW 林陵平

Vol.40 FW 齋藤恵太

Vol.39 DF 浜崎拓磨

Vol.38 DF 齊藤隆成

Vol.37 MF 清水貴文

Vol.36 FW 前田大然

Vol.35 MF 田中恵太

Vol.34 MF 外山凌

Vol.33 MF 斎藤翔太

Vol.32 FW 宮本拓弥

Vol.31 DF 伊藤槙人

Vol.30 GK 笠原昂史

Vol.29 MF 佐藤祥

Vol.28 MF 湯澤洋介

Vol.27 MF 佐藤和弘

Vol.26 DF 佐藤和樹

Vol.25 DF 細川淳矢

Vol.24 MF 内田航平

Vol.23 DF 麦倉捺木

Vol.22 MF 池ヶ谷颯斗

Vol.21 DF 今瀬淳也

Vol.20 MF 鈴木雄斗

Vol.19 DF 石川大徳

Vol.18 DF 田向泰輝

Vol.17 DF 石神幸征

Vol.16 MF 白井永地

Vol.15 FW 三島康平

Vol.14 DF 金聖基

Vol.13 FW 宮市 剛

Vol.12 鹿島アントラーズ戦レポート★

Vol.11 沖縄キャンプレポート★

Vol.10 FW 山村佑樹

Vol.09 DF 新里 亮

Vol.08 新体制発表会見に潜入!

Vol.07 MF 船谷圭祐

Vol.06 MF 小澤 司

Vol.05 DF 田中雄大

Vol.04 GK 本間幸司

Vol.03 DF 尾本 敬

Vol.02 FW 三島康平

Vol.01 MF 小谷野顕治

ログイン

ゲストさん おはようございます
ログイン 新規会員登録
※消費税率変更に伴い、表示価格とお会計時の価格が異なる場合があります。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

かえっぺのLINEスタンプ

掲載ご希望の店舗様へ