ホーリーホックリポート
2015年01月28日(水)
DF 新里 亮
DF 新里 亮 選手
新里亮(しんざとりょう)
1990年7月2日生まれ
マルヤスFC→リバーサイドFC→岡崎城西高校→中京大学→水戸ホーリーホック

★2014シーズン全試合スタメン出場!
(※内容は取材日の2014年12月2日現在のものです)
DF 新里 亮 選手

DF 新里 亮 選手

★弊社独自アンケート*では今シーズンのMVPに選ばれました!

MVPは初受賞なので嬉しいです。出場していた試合は多かったけれど、まだまだです。来季はもっとプレーで貢献しなければなりません。でも、選ばれたのはすごく嬉しいです!

(*スタジアムに観戦に来ていた女性サポーターさんにアンケートを実施。「2014シーズンのMVPは?」という質問で、新里選手が見事1位を獲得しました♪)

★2014シーズンはどんな一年でしたか?

最終的に納得のいかないシーズンでした。もっと行けたんじゃないかと思います。しかし、年間戦って15位という現実は認めなくてはいけない。ですが、とても可能性を感じるチームでした。個人的には全試合出場したのですが、プレー内容は全然満足いかなかった。もっと絶対的な存在になりたいですね。練習を重ねて、成長のスピードをもっと上げていきたいと思います。

★プロサッカー選手になろうと思ったきっかけは?

兄がサッカーをやっていたので、物心がついた頃から始めていました。中学、高校時代は卒業したらすぐプロになりたいと口にしていたし、卒業文集にも書いていました。
しかし、高校は全国大会に出ていないし、大学3年の時はもうサッカーを辞めようと思って、就職活動もしました。ですが、他の仕事をやるイメージが湧かず、やっぱりサッカーが好きだと実感しました。ここまでサッカーを続けさせてくれた親にも恩返ししたかったですし、今までの人生はアンパイばかり選んで来たので、チャレンジしてみようと思いました。4年の9月頃にプロになろうと思い、チームの監督に伝えて、色々なクラブの練習参加をさせて貰い、水戸ホーリーホックに加入してプロになりました。

★改めて、プロ2シーズン目を終えた心境は?

大学時代も特に有名な選手ではなかったので、1、2年でプロサッカー選手を終えるのも、それもありかなと実は思っていました。実際、一年目はまだ気持ちがフワフワしていたと思います。しかし、プレーをしていると「もっと試合に出たい」「負けたくない」と強く思いました。二年目は色々な人達とも出会い、「サッカーを長くやりたい」と気持ちが変化しました。特に同じDFのトミさん(冨田大介選手)は友人に「これからもっと成長して、J1に行く選手だから」と僕のことを紹介してくれて、もちろんお世辞も含まれているんですが、プロ経験豊富な人にそういう事を言って貰えて自信に繋がりました。

★水戸に加入して2年。オフはどんな所に行くのですか?

都内に服とか買いに行く事が多いですね。水戸ではたまにbiotopeとか行きますよ。食事はよく近場の「柳月」(青柳町)や「マロン」(五軒町)に行きます。柳月ではカレイの煮付けがオススメですね。最近は一人で神社に行ってみたいですね(笑)。友達が一人神社探訪みたいなのをSNSで紹介していたのを見て、面白そうだなと(笑)。

★今後の夢は?

まず叶えたいのはJ1でプレーすること。J1で闘いたい。水戸ホーリーホックをJ1に上げたい。サッカー人生は短いので、常にステップアップをしていきたい。日本のプロサッカー界にもう一個上のカテゴリーがあるのなら、絶対に目指したいと思います。

★いばナビ読者に一言お願いします!

僕は今年、全試合に出場出来ましたが、チームはまだ下の順位。ホームでなかなか楽しい思いをさせられなかったのは、申し訳なく思っています。来年はもっとホームで勝って、面白い試合をしたいと思います。
年間上位でいられるように一試合一試合、常に勝つという気持ちで挑みたい。是非スタジアムに足を運んでいただきたいです。応援よろしくお願いします!

★RYO'S ひとくちmemo★

◎座右の銘は「報恩謝徳」!
◎好きな芸能人は竹内結子さん♪
◎趣味はゴルフ
◎持久力に自信アリ!


プロが教える!ドラゴンテク!!

プロの技術をワンポイント解説&アドバイス♪
試合ではこの得意技にも注目してみてね!

今回のテーマ!CB(センターバック)の極意
DF 新里 亮 選手

1.チーム全体を見よう!

チームが攻撃している時は守備を、守備をしている時は次の攻撃を考えて動く事!ボールを持っていない選手もしっかり見よう!

2.とにかく声を出すべし!

後ろの選手は試合全体が見えているので、声を出してコーチングしよう。チームがイケイケムードの時は注意して、盛り下がってる時はポジティブなムードに!

3.ヘディングの練習をしよう!

外人、体格差のある強い選手とマッチアップするポジション。CBはセットプレーで点を取ることも求められるし、ハイボールの対応も多いので、ヘディングの技術はとても大事です!


バックナンバー

ログイン

ゲストさん こんにちは
ログイン 新規会員登録
※消費税総額表示の義務化に伴い、当サイト内に記載している価格も総額(税込)表示をおこなうように随時切替え・更新をしております。そのため、切替え期間中は「税抜価格」表記と「税込価格」表記が混在する可能性がございます。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

ご掲載中の店舗様へ

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

掲載ご希望の店舗様へ

かえっぺのLINEスタンプ