毎月、茨城LOVEな女子と、気になる茨城のドライブコースをデートするこのコーナー。実際に彼女がいても、いなくても…妄想の中だけなら、かわいい女子と好きなだけドライブができるんです。そんな夢のような世界をいばナビと月刊オートガイドがお届けします。

メジャー&ローカルに楽しめる!あんこうが美味しい冬の大洗編

image

map ホンダ FREED ハイブリッド
map Honda Cars茨城 元吉田店

月刊オートガイドといばナビの連動企画がこの彼女とでかける妄想ドライブ!
毎月中旬に、毎月変わる読者モデルのあの娘と動画で妄想ドライブをいばナビで楽しめます。県内各市町村をドライブでめぐる企画!
今回の舞台は、県内屈指の観光スポット大洗町です。夏は海水浴客でにぎわうこの街。冬に訪れるなら、絶対に食べたい「あんこう鍋」!テレビでも話題のスポットから、隠れた名所や絶景など盛りだくさんのコースです。さあ今回もLet'sOneDayTrip♪

願入寺
浄土真宗の祖・親鸞聖人の孫にあたる如信上人が開いたお寺。江戸時代に水戸光圀公により大洗に移されたのだとか。県指定、町指定の文化財など見どころがたくさん♪

image

image

梵鐘の音を聞くと、心がやすらぐね♪

面積およそ23平方キロメートルという小さな町ながら、県内一の観光誘客数を誇る大洗町。北海道と関東を結ぶフェリー航路の発着地でもあり、茨城の海の玄関口としても重要な場所です。そんな大洗の最初に目指した目的地は『願入寺』です。かの水戸光圀公が願入寺の由緒を知り崇敬して水戸藩内に土地を寄進されました。そんな歴史あるお寺を参拝したあと、お茶と一緒にお手製の梅干をごちそうになります!「由緒のあるお寺ですが、気軽に足をお運び下さいね」ときさくにお話してくれたご住職に、また会いに来たくなる素敵なお寺でした♪

image

重さ12.5トンもあるという「やすらぎの鐘」。撞く際には、御喜捨を忘れずに。

image

境内でとれた梅で作ったという15年ものの梅干。梅干が美味しいお寺という人もいるとか♪

願入寺

電話 029-266-2334
住所 東茨城郡大洗町磯浜町7920
開館時間 9:00~16:30
梵鐘を撞く際には、一撞き300円以上の御喜捨を。

image

小林楼
創業は江戸末期までさかのぼるという老舗旅館。かつては大洗磯前神社参道の茶店としてはじまったとか。あんこう鍋は11月~3月まで!宿泊者以外も要予約で頂けます。

image

image

大洗の海を見ながらあんこう鍋!

次に向かうのは冬の大洗に来たら、ぜひ「あんこう鍋」をいただこう♪ということで、あんこう鍋初体験というさくらちゃんに、美味しいあんこう鍋を食べてもらおうと今回予約したのは『小林楼』。大洗磯前神社へと続く石段の下にある町内指折りの老舗旅館です。あんこう鍋は地域や店ごとに異なる味付けが楽しめるのも特徴的ですが、小林楼では「昔からの作り方」というシンプルな味噌ベースの味。丁寧に下処理されているので食べやすく、〆の雑炊までぺロリでした。

image

あんこう鍋3,000円コースは〆の雑炊セットや小鉢、果物付き。注文は2名分から。

image

5,000円のコースでは、あん肝刺しとあんこう供酢も味わえます。

小林楼

電話 029-266-2005
住所 東茨城郡大洗町磯浜町6880
時間 11:00~14:00頃
※要予約、夜は宿泊の予約状況により
定休日 不定休
いばナビ掲載情報はコチラ
大洗美術館
入り口に掲げられている「風景窓画」こそがこの美術館の名物。入館して、奥へと進んでいくと…大きな額縁の向こうに広がります。大洗の絶景、これぞまさに自然が描く名画!をぜひ堪能してください。

image

image

大洗で一番の絶景かも!

最高のランチでお腹いっぱいになったらつぎはぜひ見てもらいたいものがある!とやってきたのは大洗美術館。入り口に掲げられている「風景窓画」こそがこの美術館の名物です。入館して、奥へと進んでいくと…大きな額縁の向こうに広がる、大洗の絶景!フレームのちょうど中央付近には、神が降り立った場所といわれる神磯の鳥居が見えます。これぞまさに自然が描く名画!数々の芸術家達も愛した大洗の風光美は必見です。

image

画家や俳人、カメラマンなど、数多くのアーティストを魅了し創造意欲をかき立てた景観。

image

東宝映画取締役会長など重職を歴任した実業家であり、文化人でもあった故・渋沢秀雄氏の絵画も常設。

大洗美術館

電話 029-266-2637
住所 東茨城郡大洗町磯浜町8249
時間 10:00~16:00
定休 水曜、木曜、12/26~31

image

お好み焼き 道
大洗で昔から愛されてきたご当地フード「たらし」。子供から大人まで、みんなでワイワイ鉄板を囲んで食べるのが楽しい♪お好みで具材や味付けに変化をつけて食べましょう!

image

image

なんだか、懐かしい気持ちになるね♪

大洗の歴史、名物、名勝をめぐって、次に向かったのは大洗町の中心部に位置する商店街。大洗で昔から愛されているご当地グルメ「たらし」を食べにやってきたのは「道」。さっそく「たらし」を注文すると、程なく運ばれてきたのは丼とヘラに小皿。小麦粉を溶いた中に刻みキャベツ、あげ玉、さきいかと卵が投入されており、ソースや醤油で味付けしてから鉄板で焼いて食べる!童心に返って、彼女と一緒に楽しみましょう♪

image

もんじゃ焼きと似ているけれど、「たらし」の作り方は混ぜて焼くだけ!ベビースターはマスト!

image

人気アニメ、ガールズ&パンツァーのファンも集うとか♪

お好み焼き 道

電話 029-267-2702
住所 東茨城郡大洗町大貫町383-1
時間 11:00~14:00、17:00~21:00
土日祝11:00~21:00
定休 月曜(祝日の場合営業して翌日休)
いばナビ掲載情報はコチラ
かねふくめんたいパーク大洗
見て、食べて、買える明太子のテーマパーク!工場直売ならではの「できたて明太子」(数量限定)はぜひお土産にしたいオススメの逸品♪2月までは夜のイルミネーション演出も楽しめます!

image

image

「できたて」って絶対おいしいよね♪

日も暮れてきて、そろそろお別れの時間が近づく…。最後のスポットは、明太子でおなじみ「かねふく めんたいパーク」!国内4ヶ所にあるかねふくの明太子専門テーマパークのうち、関東で唯一おかれているのがここ大洗♪直売だけでなく製造拠点でもあり、大洗では一日で5トンを超える明太子が作られることも!そんな明太子工場の様子は見学可能で、楽しいゲームや明太子豆知識、活用レシピコーナーなどもあります。また、できたて明太子を使ったグルメもいっぱい♪オススメは、明太子がたっぷり詰まったジャンボおにぎりと明太ぶたまん!めんたいソフトクリームなんて驚きのスイーツもあります。もちろん、お土産に明太子を買うのを忘れずに!パークの外で冬空を彩るイルミネーションも楽しんで、大洗を満喫し今回のドライブは終了しました。

image

工場見学は無料!この日の生産量は、スタッフ総勢100名で約5トン!

image

できたて明太子は試食もできる。ここでしか買えないぞ!

かねふくめんたいパーク大洗

電話 029-219-4101
住所 東茨城郡大洗町磯浜町8255-3(大洗港第二埠頭内)
時間 9:00~16:30
定休 年中無休
いばナビ掲載情報はコチラ

欲しいクルマが決まっているなら
ここからあなたにベストな一台を!

なんとなく!あいまいに!
自分の欲しいクルマを探してみよう!

故障したときも、クルマを買ったお店が近いほうが安心!お店からクルマを選ぶ地域密着型のあなたはココから!!

ログイン

ゲストさん こんにちは
ログイン 新規会員登録
※消費税率変更に伴い、表示価格とお会計時の価格が異なる場合があります。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

天気予報

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

掲載までの流れ