NNNさんのプロフィール

口コミ・レポート履歴

店舗口コミ

常陸牛 きくすい

5

常陸牛ステーキセット

すき焼きで有名なレストランです。ただ懐の事情もあって小さめのステーキを注文してみました。それでも常陸牛の凄味と申しましょうか、ナイフをスッと引いただけで切れる柔らかさです。味わいもとても美味で、懐事情が許すのであれば毎日でも通いたいくらいの御味でした。

投稿日:2022年09月18日
shop画像

麺処 諭吉

5

にぼとんつけ麺

水戸には行列のできるラーメン屋が多いと音に聞いておりましたが、赤塚駅の近くにある諭吉さんはその代表例ですね。今回は運良く10-20分ほどで入店できまして、オススメとされているにぼとんつけ麺を注文させて頂きました。魚粉の香りの鮮烈なスープが印象的で麺と絡めると実に美味しい。満足感のある一品でした。

投稿日:2022年09月 4日
shop画像

レストランメヒコ大洗店

4

カニピラフ

カニピラフで有名なレストランです。繁忙期に行ったためか待ち時間は長めでしたが、店内は人気店となるのも頷けるオーシャン・ビューが広がっています。注文したのはもちろんカニピラフ。パプリカとカニの相性も良く、美味しく頂くことができました。

投稿日:2022年08月21日
shop画像

揚げたて屋てん 河和田店

5

海鮮天定食

揚げたてを提供してくれる天ぷら屋です。駐車スペースは広いです。また店内も広々としていてゆっくり食事することができます。写真は海鮮天定食+αですがアツアツかつサクサクで美味しかったです。

投稿日:2022年08月21日
shop画像

カフェ シエスタ

4

田舎風リゾット

植物園の帰りに寄らせて頂きました。店の前の駐車スペースは4台ほど、店内の収容可能人数も同様で4グループほどでしょうか。品書きは肉料理や魚料理のほか、パスタやピザ、ドリアやリゾットなど多様です。私は田舎風リゾットを注文させて頂きましたがトマトが効いていて実に美味しかったです。ただ少し量が少なかったかも知れません。

投稿日:2022年08月21日
shop画像

イベント口コミ

食虫植物展

ウツボカズラ

ウツボカズラなど珍妙な植物で溢れた食虫植物展を訪れました。昨今の研究では食虫植物の溶解液は非食虫植物の根っこが分泌する分解液と遺伝子的に同等であったと報告されていますが、だとするとルーツという意味では食虫植物も非食虫植物も食性は変わらないのかも知れませんね、根っこだけに。もっとも、その見た目は非食虫植物と比較してユニークなものばかりでしたので、一度来園して色々な食虫植物を鑑賞してみるのも良いのではないでしょうか。

投稿日:2022年08月21日
event画像

【水戸市植物公園】植物公園の不思議な住人たち 全員集合!

エントランス

2011年から水戸市植物公園で続けられている不思議な住人たち展ですね。子供達の発想力には目を見張るものがあります。『子供の時代を尊重しなさい』とは『エミール』におけるルソーの言葉ですが、まさしくここには尊重された子供の時代が10年余りの歴史として存在していますね。すごい。

投稿日:2022年08月21日
event画像

【アクアワールド・大洗】~HOT&COOL~
SUMMER AQUAWORLD 2022

ハタタテダイ

アクアワールドの夏企画です。今年はHOT&COOLをテーマにした特設水槽や、夏仕様のイルカ・アシカショー、特殊なイルミネーションライトを施されたイワシのベイト・ボール水槽など、イベントが盛り沢山でした。家族と思い出を作るにはお誂え向きかと存じます。

投稿日:2022年08月21日
event画像

企画展 夏休み子どもミュージアム
いのちのかたち 彫刻家・木内克のまなざし

たまゆら

茨城県出身の高名な彫刻家である木内克氏の展覧会です。フランスの世界的な彫刻家であるアントワーヌ・ブールデル(代表作:弓をひくヘラクレス)直々の指導を受け、数多くの作品を創作しました。素材に内含するエネルギーを凝固せしめるプールデル氏のハードボイルドな作風は、無駄が削ぎ落とされた躍動感となって木内氏に受け継がれていることが分かります。
1000文字上限なので以下は印象に残った展示物です。
『婦人坐像』は等身大女性のブロンズ作品です。滑らかな輪郭で柔らかそうに形作られた裸身は瑞々しさを通り越して艶めかしくさえあります。子どもミュージアムで展示して良いのか不安になるくらいですが、これはつまり木内氏がモデルに向けていた視線なわけでして、創作者の心象を鑑賞する者にまで付与させているわけですから大変御立派な作品と言えましょう。『寝そべる裸婦』も同様の凄味を持つ作品でした。
『太陽とアマゾーヌ』はブロンズレリーフの作品です。太陽の光を浴びる馬上の奔放な裸婦を象っており、生命力が漲って溢れんばかりの作品であります。家のどこに飾るかだとか一切考慮されていないであろうところに芸術としての本質が追求されています。
『エーゲ海に捧ぐ』は木内氏の最高傑作かつ最も高名な作品です。目にしたことのある御方も多いのではないでしょうか。木内氏はエーゲ海を初めて見た際、人間が海からやってきたことに思いを馳せ、人間としての新しい姿を閃いたとして、この作品を作ったとのこと。どこか太古の埴輪に通ずるような造形美が感じられます。同様の意図を感じたのが『たまゆら』という勾玉の首飾りをした裸婦像で、個人的にこれが最も印象に残りました。『エーゲ海に捧ぐ』が西洋的であるとするのなら、『たまゆら』は倭風的な印象で、眺めるうちに遥か太古を覗き込んでいるかのような心地にさせてくれます。
木内氏は『彫刻というものは宝石を入れる箱である』との言葉を残しています。つまり、この展覧会で展示されている作品は全て木内氏の宝箱であります。ただこの種の宝箱は、本来なら心の奥底に置かれたままで人目につくものではありません。木内氏が実力のある芸術家であったからこそ、我々は木内氏の心象風景たる宝箱を鑑賞することができるわけです。偉大な彫刻家がどのような眼差しで世界を見ていたのか、これら宝箱を通じて経験してみては如何でしょうか。

投稿日:2022年08月17日
event画像

【国営ひたち海浜公園】とびっきり!夏フェア!

みはらしの丘

緑色のコキアを満喫せんとして海浜公園へ行ってきました。見渡す限りにコキアが広がり、まるで別世界のようでした。猛暑の日々が続いておりますが、時には街の喧騒を忘れて清涼なコキアに囲まれてみるのは如何でしょうか。

投稿日:2022年08月11日
event画像

ログイン

ゲストさん こんばんは
ログイン 新規会員登録
※消費税総額表示の義務化に伴い、当サイト内に記載している価格も総額(税込)表示をおこなうように随時切替え・更新をしております。そのため、切替え期間中は「税抜価格」表記と「税込価格」表記が混在する可能性がございます。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

ご掲載中の店舗様へ

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

掲載ご希望の店舗様へ

かえっぺのLINEスタンプ