ショートストーリー

明日への贈り物 Episode17

受験期の中学生 母に届かない私の気持ち

いばらきの子どもと子育てファミリーへある家族の物語をご紹介します。
この物語が誰かの救いや気づき、そして児童虐待防止につながることを願って。

働く母に志望校を言えない受験生 小さな願いに耳を傾けて

今年は受験。私は吹奏楽の強豪校を目指して部屋で猛勉強をしていた。

飲み物を取りにリビングへ行った時、パートから帰った母が洗濯物を手にしながらチラリと私を見て一言。

「身の丈にあった学校に行きなさいよ。そうだ、家からも近いし、〇〇高校とかがちょうどいいんじゃない?」

母にとっては何気ない言葉だったのかもしれない。成績もそこまで上の方ではなかった私は、反論できなかった。

黙っていると、母は「ね、それがいいわよ」と私の志望校を決めてしまった。昔からそうやって私の人生は決められてきた。今回も同じ。そのまま言い出せないまま、時が過ぎていった。

いよいよ願書を出す日。私は、まだ志望校を諦めきれずにいた。食器を洗う母に、淡い期待を抱きながら「吹奏楽、高校でも続けたいなぁ」と言った。

「続けられるといいわね」上の空で返された言葉に何も言えず、暗い気持ちでリビングを後にした。

受験本番まで、あと1カ月。私はこれから、どうしていけばいいのだろう。そう思いつつ、シャーペンを持った。

※取材した実例をもとに一部フィクションを加えています

虐待かなと思ったら児童相談所虐待対応ダイヤル189番へ子育てに悩んだら児童相談所相談専用ダイヤル0570-783-189
一覧へ戻る

ログイン

ゲストさん おはようございます
ログイン 新規会員登録
※消費税総額表示の義務化に伴い、当サイト内に記載している価格も総額(税込)表示をおこなうように随時切替え・更新をしております。そのため、切替え期間中は「税抜価格」表記と「税込価格」表記が混在する可能性がございます。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

ご掲載中の店舗様へ

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

掲載ご希望の店舗様へ

かえっぺのLINEスタンプ