長い歴史を刻んできた旧市立図書館から新図書館へ

県立図書館に次ぐ規模を誇る施設に!

(※内容は2017年12月25日時点のものです)

ガラス張りの大きな窓、吹き抜けから降り注ぐ光の束!光の図書館と呼ばれるのも頷けます。そう、土浦市民が待ちに待った新図書館がついにオープンしました!

1924年に土浦市中央で開館し、長い歴史を刻んできた旧市立図書館。20年以上前、ここを利用してきた子育て中の母親たちが、施設・蔵書の充実を願い「新市立図書館を考える会」を結成し、長きにわたり後押ししてきた成果です。
その願いがまさに形になり、施設面積5120m²、開館時の蔵書数は約35万冊(最大可能数は56万冊)、さらに650席の閲覧・学習席を備え、県内市町村では県立図書館に次ぐ規模を誇る施設になりました。また建物は北欧をイメージし、お洒落な机や椅子も並んでいます。吹き抜けや窓を通して自然の光がふんだんに入り、とっても居心地のいい空間になっています♪

世代に合わせた資料や施設が充実

小さいお子様連れでもOK☆

知的欲求を充分に満たしてくれる本や資料の数々はもちろん、若いママやパパがくつろぎながら子供と一緒に絵本を読んだり、受験生が集中して勉強できる学習室があったりと、さまざまな年代の方が利用できます。オープン前から市民の注目度も高く、現在開架に並ぶ約20万冊の本や資料は、50人以上の市民ボランティアによって並べられました。

館内には、視覚障害者などを対象にした対面朗読のための部屋や高齢者に優しい大活字本のコーナー、今やなくてはならない、インターネット用端末・オンラインデータベース用端末・AV視聴用端末も完備されています。
 
これらハード面の充実に加え、新図書館の最大の特徴は、図書館本来の役割を超えた様々な工夫にあります。

キッズコーナー
<利用者さんの声>居心地がいいですね♪今度は3歳のお姉ちゃんも連れてきたいです。

駅前活性化の使命を担う図書館

図書館長兼 市民ギャラリー副館長 入沢 弘子さん

ステップガーデン&屋上ガーデン緑のある憩いのスペース。イベントの際に貸し出しも可能(有料)

滞在型図書館に変身

城下町・土浦の歴史に、未来的な輝きを重ね合わせたハイブリッドな外観の「アルカス土浦」。あらゆる世代のニーズに対応した居心地の良い空間づくりで集客力を高め、駅前活性化の使命を果たそうという想いが込められています。

まだオープンしたばかりですが旧図書館と比べ、既に時間帯によって利用者層に大きな変化が出ています。お昼過ぎまでは高齢者や子ども連れ、15時頃からは学生が、18時を過ぎると会社帰りのサラリーマンの姿が多く見受けられます。
「さまざまな方が、自分の生活時間に合わせて、それぞれの目的で利用してくれている」と語る館長の入沢さん。「滞在型図書館」を目指す同館にとって、順調な滑り出しを感じています。
 
同館は、全国どこに住んでいる人にも資料を貸し出すサービスを実施している一方、土浦市民(図書館利用カード登録者)にのみ利用できるサービスも多数用意されています。
その一つが「つちまるーむ」。前日までに予約すれば、10カ月〜3歳までの乳幼児を、専門の保育士が預かってくれます。もう一つが3階の研究個室の利用。図書館の所蔵資料を活用する調査・研究活動を目的としている場合であればOK。個室で資料を広げながら、じっくり研究成果をまとめることも可能です。 
 
また、屋外にはイベントなどに利用できるステップガーデンや屋上ガーデンも併設。アルカス土浦をまだ体験していない方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

各フロアのご紹介♪<2階>いこいのフロア

2階中央

雑誌コーナーには、約300タイトルの雑誌が用意され、情報ステーションでは、土浦市を中心としたイベントや地域の情報コーナーもあります!

児童コーナー

3万7000冊の児童書が開架棚に!そばには白木作りの子ども用の椅子やテーブルが用意されています。授乳室や子ども用トイレあり。

ヨムカフェラウンジ

館内の本を、お茶を飲みながら読める場所があるなんてうれしい!ゆっくり自分の時間が過ごせそうです♪

おはなしのへや

市内のボランティア団体が、絵本の読みきかせや紙芝居などを上演します。照明のパターンなど、楽しませてくれる仕掛けがいっぱい!

<3階>ちしきのフロア

案内カウンター

貸出、返却、利用案内などはこちら。カウンターの背後に掲げられたグラフィックウォールは、ろたす連載「水郷手帖」のイラストを描いている若田部哲さん(市職員、土浦市民ギャラリー担当)の作品

研究個室

個室なので資料を広げたり、集中してテスト勉強や研究に打ち込めそうです。(カード登録者のみ利用可能)

一般開架

約13万冊もの本が並ぶ一般書の開架コーナー。新規に購入した本も6万冊以上あり、読書好きにはたまらない充実ぶりです。開架の周辺には閲覧席もたっぷり!

空中ラウンジ

ガラス張りの壁面から、土浦駅やバスターミナルが一望できます。浮遊感があり、まさに「空中」!ここでゆっくり読書をしていると、時間もゆっくり流れるよう。

<4階>まなびのフロア&屋上ガーデン

まなびのフロア

学習のための席を約100席確保。ここなら、集中して勉強ができそうです!座席利用受付システムでは、座席の確保が容易に。勉強に疲れたら、ロフト(コミュニティースペース)でひと休み。漫画あり、進学・就職ガイドあり、食べ物の持込みもOKです。

屋上ガーデン

晴れた日には屋上の癒し空間で、リフレッシュはいかがでしょう。ステップガーデンと屋上ガーデンはイベントの際には貸し出しもOK!(有料)

<1階>市民ギャラリー

展示ギャラリー

オープンギャラリー

ご自身の作品発表にいかがでしょうか?

美術館仕様の本格派展示室「展示ギャラリー」と、目的に応じて自在にスペースを作り出せる「オープンギャラリー」があります。鑑賞の場であると同時に、市民の発表の場としても利用可です!

<1階>市民ギャラリーイベントインフォメーション
○茨城県近代美術館 移動美術館/ 開催中~2018年1月14日(日)
時間/10:00~18:00 場所/アルカス土浦1階 土浦市民ギャラリー土浦市民ギャラリーオープニング展第1弾として「茨城ゆかりの洋画家たち」を開催!県内の洋画の流れをたどります。クロード・モネの作品も特別出品。

○第70回 土浦市展/2018年1月19日(金)~28日(日)
時間/10:00~18:00(最終日1月28日は15:00まで) 場所/アルカス土浦1階 土浦市民ギャラリー土浦市民ギャラリーにて、市民による日本画、洋画、彫刻、美術工芸、書、写真、デザインなどの作品を展示。また会期中に、ギャラリートークも開催。日時はギャラリーHPを参照。
☆土浦市民ギャラリー公式HP☆

人々の交流拠点になることを目指した図書館

ぜひお気軽にお立ち寄りください!

アルカス土浦(土浦市大和町1番1号)
【図書館】
TEL/029-823-4646 
開館時間/月~金10:00~20:00、土日祝10:00~18:00
休館日/月曜(第1月曜と祝日は除く)、年末年始

【ギャラリー】
TEL/029-846-2950
開館時間/10:00~18:00
休館日/月曜(祝日は除く)、年末年始

経験豊富なコンシェルジュ(司書)が常駐してます。本のこ とだけでなく、日常の素朴な疑 問から仕事に役立つ情報なども相談可。(司書・増田 理香さん)

旧図書館の時から市民の皆さんに顔なじみのスタッフがご案内します♪

つくば・土浦に関する最新の記事

アルカス土浦 新図書館ナビ!
2017/12/22
茨城県立土浦工業高等学校 エコ・クリスマスツリーに想いを込めて
2017/11/26
今年も開催!土浦カレーフェスティバル
2017/10/27
つくば・土浦に関する他の記事を読む

ログイン

ゲストさん こんにちは
ログイン 新規会員登録
※消費税率変更に伴い、表示価格とお会計時の価格が異なる場合があります。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

かえっぺのLINEスタンプ

掲載ご希望の店舗様へ