【いばナビ】ホーム > 茨城イイトコナビ > 鹿島・神栖 記事一覧 > 伝統を継ぐための変革 鹿島アントラーズJリーグ2019開幕インタビュー

鈴木満強化部長が激闘を制した昨シーズンを振り返り

今年の展望、地域へのメッセージを語っていただきました。

昨年、クラブ20冠目のタイトルを悲願のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇で飾った鹿島アントラーズ。
鈴木満強化部長に激闘を制した昨シーズンを振り返って貰い、今年の展望、地域へのメッセージを語っていただきました。
(地域情報誌『かしす』2019年3月号に掲載された内容です)

2年連続の国内無冠 しかし悲願のアジア王者へ

2018シーズンはロシアW杯の開催期間中、リーグ戦やその他の試合が一時中断。その前後に過密日程が組まれ、アントラーズは過去最高となる年間60試合も戦い抜いた過酷なシーズンとなりました。昨年の夏にはそれまで主力だった植田直通選手、金崎夢生選手、ペドロ・ジュニオール選手が移籍して不穏な空気が漂いましたが、鈴木優磨選手や安部裕葵選手といった若手有望株が台頭。チームスタイルの根幹を支えるジーコ氏がテクニカルディレクターとして復帰すると、たちまち上昇ムードに。J1リーグ3位、ルヴァン杯と天皇杯はベスト4と国内試合は残念ながら無冠に終わりましたが、クラブ20冠目のタイトルは史上初のアジア王者という輝かしい成績を収めた年となりました。

しかし昨季終了後、大黒柱のキャプテン・小笠原満男選手が現役を引退。守備の要だった昌子源選手、西大伍選手もクラブを去り、来シーズンに対して不安視する声も。そんな中、今季は鹿島ユースから左サイドバックの佐々木翔悟選手、ドリブラーの有馬幸太郎選手が昇格。ポスト柴崎岳との呼び声高い名古新太郎選手、全国高校サッカー選手権で活躍した関川郁万選手、即戦力が期待される伊藤翔選手(横浜F・マリノス)、白崎凌兵選手(清水エスパルス)の移籍獲得により6選手が新たに加入。レンタル移籍中だったブエノ選手と平戸太貴選手も復帰し、全32名の選手で今シーズンに挑みます。

今シーズンから新キャプテンを担う内田篤人選手

即戦力候補の高卒ルーキー・関川郁万選手

挑戦者として臨む 仕切り直しの一年

「我々が唯一持っていなかった悲願のACLを獲れたのは、非常に喜ばしいことです。それを獲得するための道筋を掴め、クラブとして経験を積めたことは大きい。しかし満足できた一年ではありませんでした」とクラブの強化部長を務める鈴木満さんは昨年をそう振り返ります。

アントラーズが“常勝軍団”の異名を持つ所以は、チームの参謀役を23年務める鈴木さんが根付かせてきた「勝者のメンタリティー」にあります。伝統の勝負強さを生み出すのは、「自信」、「プライド」、「欲」の3つの要素。しかし昨年は、国内タイトルを2年連続で獲れず、世界一のクラブを決めるFIFAクラブワールドカップ(CWC)では、レアル・マドリード(スペイン)、リバープレート(アルゼンチン)に完敗。アジア王者となる快挙を成し遂げましたが、「『自信』までは得られなかったシーズン」だと語ります。

クラブは近年、3年のスパンでチーム作りをしており、今年は再び1年目のサイクルに戻る年と位置付けられています。「挑戦者」として臨む、仕切り直しのシーズンです。
「一度タイトルを獲ると身近なものになっていくもので、ACL連覇への意欲が増すばかり。今季は大型補強をした訳ではありませんが、不安視はしていません。昨年の激闘の影響によって怪我人が続出するアクシデントを迎えていますが、じっくりやっていければ最後に結果を出せる勝算はあります」そう「自信」を覗かせます。

Profile 鈴木満(すずき みつる)
1957年宮城県生まれ。住友金属工業蹴球団を引退後、1989年から3年間、同団の監督に就任。1992年に鹿島アントラーズのヘッド コーチ、1996年から強化責任者に。現在は常務取締役強化部長を務めている。

食育や職場体験など 地域活動を積極的に実施

先日行われたホーリーホックとのプレシーズンマッチの様子。新加入選手も出場し、今シーズンの幕開けにふさわしい1試合となった。

クラブは今年、鹿嶋市内にアカデミーの選手寮を新設。また、スタジアムのトイレの全面洋式化や、キャッシュレス決済・電子チケットを導入して先進的なスマートスタジアム化を図るなど、ピッチ外でも変革を進めます。更に、春にはカシマサッカーミュージアムのリニューアルオープンも予定されていると言います。

地域活動も盛んで、これまでホームタウンの小学校へ選手が訪問したり、育成コーチが給食を一緒に食べたりと食育も積極的に実施。「鹿島の指導者が体育の授業を行うサッカーキャラバンや、中学生の職場体験学習などを通じて交流しています」と話す地域連携担当の城祐万さんと吉田誠一さん。クラブ創設以来、アントラーズと地域はともに支え合い、強い絆を大切に育んできました。
強化部長の鈴木さんは「主柱となる選手が次々と抜けましたが、シーズン通してチーム作りをしながら、最後は結果を出します。新チームの成長の過程をぜひ見てください。ホームタウン5市と一体感を持って戦い、優勝して喜び合いたいです。我々鹿島とともに戦ってください」と力強く語ります。

今年のクラブのスローガンは『FOOTBALL DREAM かわる』。全タイトル獲得という鹿島の唯一無二の目標を達成するため、変化を恐れず進化していく変革の一年です。地域一丸となって再び栄冠を手にしましょう!

2019 明治安田生命J1リーグ

ホーム開催試合

第17節 6月30日 18:30 サンフレッチェ広島
第18節 7月6日 19:00 ジュビロ磐田
第20節 7月20日 18:30 サガン鳥栖
第22節 8月10日 18:30 横浜F・マリノス
第24節 8月24日 18:30 ガンバ大阪 ※1

※1 AFCチャンピオンズリーグ2019において準々決勝に進出した場合、
開催日が8月23日(金)19:00KO@カシマに変更となる可能性があります。


詳細は鹿島アントラーズ オフィシャルサイトをご覧下さい。
http://www.so-net.ne.jp/antlers/

鹿島・神栖に関する最新の記事

潮来釣り女子部と海釣り体験♪密着レポート
2019/06/20
伝統を継ぐための変革 鹿島アントラーズJリーグ2019開幕インタビュー
2019/02/26
神栖・鹿嶋・潮来で人気の居酒屋さん!おすすめ10選
2018/10/24
鹿島・神栖に関する他の記事を読む

ログイン

ゲストさん こんばんは
ログイン 新規会員登録
※消費税率変更に伴い、表示価格とお会計時の価格が異なる場合があります。ご利用の際は予め店舗様へのご確認をおすすめいたします。

どこでもいばナビ

いばナビ!ケータイ版QRコード

かえっぺのLINEスタンプ

掲載ご希望の店舗様へ

いばナビ活用講座開催